スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

棟方志功が疎開していた福光の家

まだ、一度も行っていなかった富山県南砺市福光、棟方志功が疎開していた家 愛染苑(移築)を見学した。昭和21年から昭和26年まで滞在、その間、 この居において多くの作品を制作した。 棟方が残した、板戸の絵は画家のほとばしる情熱が伺える、聞きしに勝るもの。 便所の観音像はトイレの神様を彷彿させる。 民芸の友人達の寄せ書き、当時の白樺派の交友が伺える。 武者小路実篤の短冊と、濱田庄司作の火鉢が何気なく飾ってある。 北陸銀行が棟方に依頼したカレンダーの実物。 手前から水屋、洗い場、竈と質素な生活風景が見て取れる。 本当にシンプルな平家の8帖間で制作を行っていた。  

最新の投稿

イングランド、ソールズベリー、古民家に住む住人

サトちゃんの薬屋さん(金沢市新竪町)

東京町田市、田中敏溥先生設計、平屋の家

小松市の白い美容院

ディープな街、新竪町界隈を歩く

21世紀美術館 村上慧展、あるいは住宅の佇まい

金沢の古い洋館